レディ

【頑固なカビとさようなら】浴室暖房のオススメポイント

変形してしまう原因を知る

浴室

取扱いによって変形

風呂ふたはプラスティック製など、基本丈夫な素材で作られています。正しい使い方をしていれば、変形してしまうという事はありません。しかし、間違った取扱いをしてしまった場合、変形してしまうケースもあるので注意しましょう。風呂ふたが変形してしまう可能性として、熱が挙げられます。例えば、お風呂の水を風呂ふた近くにまで多く入れ、そこでお湯を沸かし過ぎてしまうと、変形してしまう場合があるのです。ついつい、沸かし過ぎてしまわないように注意が必要です。また、風呂ふたを掃除した際に、日光に当てて乾かす方も多いと思います。お風呂場は基本、湿気が多い場所という事もあり掃除後、しっかり乾かしたいという思いから、ついつい直射日光に当ててしまいがちです。しかし、この直射日光に当てるという行為が、風呂ふたを変形させる原因となってしまいます。直射日光による熱や紫外線によるダメージによって、変形してしまう可能性があるのです。お風呂場以外で乾かしたいという場合、陰干しする事をおすすめします。お湯の沸かし過ぎや直射日光以外にも、火のそばにふたを置いてしまう。すのこ替わりに使用するといった事も、変形を引き起こす原因になりえます。風呂ふたが変形してしまった場合、隙間が出来てしまいお湯の温度が下がりやすくなる他、ふたがずれやすくなってしまうので注意が必要です。特に、ふたがずれやすくなると、手をついてしまった時にふたが浴槽に落ちてしまうケースもあり大変危険です。変形した場合はこのようなリスクを避ける為に、買い直さなければいけません。ですので、出来るだけ変形するような行為をしないという事が必要です。